物質工学科の学生が優秀発表賞を受賞

 令和元年12月26日-27日に,妙義グリーンホテル(群馬県富岡市)を会場に「第9回高専-TUT太陽電池合同シンポジウム&半導体材料・デバイス研究ネットワークセミナー」が開催され,本校の物質工学科 材料物性研究室の5年 大塚 招吾さん,大橋 亮太さん,渡邉 奏汰さん,物質工学科4年 小林 芽衣さん,星 健史郎さん,茂田井 大輝さん,米山 桃太郎さんが,卒業研究・創造実験で取り組んできた薄膜太陽電池に関する研究成果についてポスター発表を行いました。

 これらの発表のうち,5年生 渡邉 奏汰さん,4年生 米山 桃太郎さんによる2件の発表が,優秀発表賞(ポスター)を受賞しました。

◆優秀発表賞(ポスター)
「SiO2基板上に作製したCu2SnS3薄膜太陽電池の硫化温度依存性」
◯渡邉奏汰1, 赤木洋二2, 山口利幸3, 中村重之4, 瀬戸 悟5, 荒木秀明1(1長岡高専,2都城高専,3和歌山高専,4津山高専,5石川高専)

◆優秀発表賞(ポスター)
「Cu2SnS3薄膜のAu添加の試み」
◯米山桃太郎,大橋亮太,渡邉奏汰,大塚省吾,小林芽衣,星 健史郎,茂田井大輝,荒木秀明(長岡高専)

◆「Cu-Snスパッタターゲットを用いたCu2SnS3薄膜太陽電池の作製」
○大塚招吾,細川陽子,神保和夫,荒木秀明(長岡高専)

◆「同時蒸着法を用いたCu2GeS3薄膜太陽電池の作製」
○大橋亮太1,赤木洋二2,荒木秀明1(1長岡高専,2都城高専)

◆「Cu2SnS3同時蒸着薄膜に対する熱処理の温度依存性」
○小林芽衣,大橋亮太,渡邉奏汰,大塚省吾,星 健史郎,茂田井大輝,米山桃太郎,荒木秀明(長岡高専)

◆「金属プリカーサの硫化による新規硫化物太陽電池の試み」
○星 健史郎,大橋亮太,渡邉奏汰,大塚省吾,小林芽衣,茂田井大輝,米山桃太郎,荒木秀明(長岡高専)

◆「Cu2SnS3薄膜の硫化保持時間の検討」
○茂田井大輝,大橋亮太,渡邉奏汰,大塚省吾,小林芽衣,星 健史郎,米山桃太郎,荒木秀明(長岡高専)

 このシンポジウムは豊橋技術科学大学 研究連携ネットワーク構築支援プロジェクトの一環として,全国の太陽電池デバイス・材料に関する研究を行っている高専が一堂に会し,半導体材料・デバイス研究ネットワークセミナーとともに開催されました。大学,高専から70名を超える教職員・学生の参加者により活発な研究発表・討議が行われました。