中学生の方へ

物質工学科について

物質工学科では、化学と生物に関する基礎から応用までを講義と実験を通して学びます。4年時より、「材料工学コース」と「生物応用コース」に分かれて、より専門性を深めるための学習を行ないます。高専の特徴である豊富な実験と実習、卒業研究を通して、創造力と実践力を養うことができます。

毎年、冬に開催される新潟県化学インターハイには、物質工学科の1~3年生が参加しています。物質工学科の昨年度の参加チームは、総合優勝を始め、最優秀チーム賞にも選ばれるなど輝かしい成果を挙げました。総合優勝6連覇を達成しています。皆さんも一緒に参加しましょう!!


イベント

オープンキャンパス

令和元年(2019)は8月10日(土)、11日(日)に開催されます。学校説明会、施設見学、学科別体験学習、進路ガイダンス等、盛りだくさんの内容を用意しています。高専を知る良い機会です。ぜひご参加ください。

出前授業

物質工学科は、他学科同様、出前授業を企画、実施しております。ご興味ある方は、こちらをご覧ください。


入学

入学者の選抜は、推薦選抜、一般選抜(学力選抜)、帰国子女特別選抜で行っています。定員は1学年、40名です。
物質工学科では、好奇心にあふれる皆さんの入学を心からお待ちしています。

スライド1

 

先輩の声

卒業生の声

佐藤 亮二 さん
旭化成株式会社 研究・開発本部 化学・プロセス研究所 プロセス開発部
平成21年度物質工学科卒業 平成23年度専攻科物質工学専攻修了

高専の一番の魅力は何といっても自由な校風にあります。一年次からまるで大学のような自由さ、これを利用しない手はありません!研究に邁進して専門分野のプロフェッショナルになる。勉学に励んで魅力的な企業に就職する。部活に打ち込んで自己の限界に挑戦する。どう過ごすかは全て自分次第!
そして、この自由の中で自分を成長させることの難しさを知るのも高専からの課題です。目標達成までには多くの誘惑や困難に直面します。そこで自分が決めた目標を忘れず、愚直に歩みを止めないこと。自由な環境の中での積み重ねの大切さは就職した今も実感しています。自由の楽しさと難しさ、高専を目指す皆さんに存分に挑戦していただきたいと思います。
*長岡高専学校案内2018「卒業生からのメッセージ」の部分を抜粋


在校生の声

土田 亮真 さん
物質工学科4年
長岡市立堤岡中学校 出身

物質工学科は、有用な材料の性質や構造、微生物など身近な生物の利用といった、幅広い化学の知識を学ぶことが出来る学科です。授業では、その分野を専門とする教員から大変奥が深い内容の講義を受けられます。実験では、多種多様の反応や技術を体験・習得でき、なぜこの反応が起きるのか、この試薬は何にどのように作用したのか、などといった化学的考察力を養うことが出来ます。もちろん、化学の勉強は幅が広く大変ですが、その分知識が増えていく実感があり、やり甲斐があります。化学・バイオに興味のある方は是非オープンキャンパスに足を運んでみてください!
*長岡高専学校案内2018「先輩からのメッセージ」の部分を抜粋