物質工学科へようこそ

近年、化学工業は化学の知識を基に、新しい機能を有する材料の開発と生産や環境にやさしい技術へと変化しています。それらに伴い、生物の持つ巧妙な機能を応用する試みが数多く行われています。このような社会の情勢の変化に伴い、より高度で幅広い知識と技術を持つ技術者の育成が求められています。

本学科では、新しい材料の開発と生産に対応した「材料工学コース」と、生物機能を応用した物質生産に対応した「生物応用コース」の2コースを設けています。豊富な実験実習を通じて、幅広い分野で活躍するために必要な十分な基礎学力と高度な工学的技術を備えた質の高い実践的技術者を養成します。

新着ニュース

2020/06/11 (木) - 08:58

コロナウィルス感染防止のため、長岡高専では実験実習を含め、遠隔のみの授業を行っていましたが、非常事態宣言解除を受けて、6月1日から実験実習、情報処理科目を中心に、各学年で週1回程度の登校授業、実験実習を再開しました。

2020/04/23 (木) - 09:06
本学科生物コースの赤澤真一准教授が,公益社団法人日本農芸化学会より,第 17 回農芸化学研究企画賞を授与されました。
2020/02/07 (金) - 13:04
2月7日(木)物質工学科3年生、専攻科1年生全員と4年生の希望者対象に物質工学科 第2回キャリア教育講演会が開催されました。長岡高専OBを講師にお招きし、進路選択時のご経験、高専生時代に何をしておくべきか等、有益な話をしていただきました。
2020/01/31 (金) - 15:52
1月30日、31日の両日、卒業研究発表会を開催しました。研究室に配属された4年生の後期から1年半続けてきた卒業研究の成果を発表しました。大勢の前での発表に、皆緊張した様子でしたが、発表が終わると一様にほっとした様子でした。5年生の皆さん、お疲れさまでした。
2020/01/21 (火) - 10:32
1月16日(木)  アオーレ長岡にて、令和元年度の専攻科特別研究発表会が開催されました。2年生は2年間(本科から合わせると3年間)の研究成果を、1年生は1年間(本科から合わせると2年間)の研究成果を発表しました。