わくわくサイエンス2019 in 高専が開催されました

 8月6日(火)の午後に,栖吉地区青少年育成連絡協議会とともに,栖吉中学校1年生の生徒さん78名を長岡高専に迎えて,『わくわくサイエンス2019 in 高専』が開催されました。体験学習「マイナス196℃の世界を体験しよう!」(物質工学科 荒木秀明 教授)や「植物色素の正体に迫れ!」(一般教育科 小川 秀 准教授)を行うとともに,長岡高専の施設見学(図書館,情報処理センター,地球ラボ)が行われました。
 物質工学科の学生実験室を会場に行われた「マイナス196℃の世界を体験しよう!」では,液体窒素を使った実験を行い,花や青菜が凍る様子や液体酸素の観察などを通じて科学の不思議を体験してもらいました。暑い中での実験や見学でしたが,「今後の学習に活かしたい」「高専を目指したい」などの声も聞かれ,楽しく学んでいただけたようです。